導入事例

株式会社 松本ブルワリー

株式会社松本ブルワリー 常務取締役 福澤様

株式会社松本ブルワリー
常務取締役 福澤様

複数拠点での活用を目的としたクラウド化に成功
動作の軽さも業務効率化に貢献

長野県松本市でクラフトビールの醸造から卸売・小売を手掛け、直営の飲食店「松本ブルワリーTAPルーム」を2店舗展開する株式会社松本ブルワリー。クラフトビールには北アルプスや美ヶ原の山々を源とする水を用い、一部製品にはホップや麦、果物など地元の農作物を使用。スタイリッシュなパッケージデザインも目を惹きます。

常務取締役の福澤様に、flamを導入いただいた経緯や効果などについて伺いました。

クラフトビールと北アルプス常念岳

複数拠点での活用に向くのはクラウドシステム

— flamの導入の背景としてどのような課題を抱えていましたか。

福澤: 当社は2016年の設立ですが、当初は外部の酒造メーカーに委託醸造していました。2018年から自社の醸造所が稼働したことから、酒類業界向けの販売管理システムを導入しました。しかし、当社の事業所は本社と醸造所、直営の飲食店2店舗がありますが、販売管理システムは本社のインストールしたパソコンでしか使えません。他の拠点にいるときに商品の売れ行きなどを知りたいときには、本社にいるスタッフに電話をして確認しなければわからないという不便さがありました。

また、会計システムは「Money Forwardクラウド会計」を使用していることから、マネーフォワードとデータ連携できるクラウドの販売管理システムを導入しようということになりました。

欲しい機能が実装、酒税申告への活用のしやすさが決め手に

— クラウドという点以外に、flamの導入の決め手となったポイントを教えてください。

福澤: 他にも3つほど販売管理システムを検討した中で、flamは欲しい機能が実装されていることと月額費用に惹かれて導入を決めました。
特に決め手となったのは、酒税申告に活用しやすいという点です。毎月、醸造所からの出荷量をビールや発泡酒のアルコール度数ごとに税務署に申告して、酒税を納める必要があります。これまでExcelベースでやっていましたが、flamのテスト運用をしたときに、単量機能を使って期間を設定してダウンロードすると、1カ月分のアルコール度数ごとの分類による出荷量が瞬時にわかりました。この機能がとても便利だったこともあり、導入を決めました。

松本ブルワリータップルーム 本町店

松本市内に本社と店舗を構えている松本ブルワリー様は、flam導入後は複数拠点の商品管理がとても楽になったことを実感されています。

松本ブルワリータップルーム中町店

機能を工夫して活用することで、従来よりもラクに

— flamの機能は売上、仕入、在庫の3つに分けられますが、すべて活用いただいていますか。

福澤: flamで使用しているのは売上と在庫の機能です。仕入の機能は、今はまだ使っていませんが、活用できるかもしれません。
売上伝票をダウンロードするときに、出力する項目を指定できるのが便利だと感じています。たとえば、酒税の申告に必要な項目を出すことができますし、問屋さん経由で納品している酒屋さんの年間取引量を知るために、酒屋さんの名前を設定しておくといった使い方をしています。
また、商品の内訳に賞味期限を設定しているのですが、どこの拠点にいても賞味期限ごとの在庫を確認できるので、ロットを切り替えて出荷するといった判断をするときにも便利です。
flamを活用して、いかにラクをするか考えています(笑)。

松本ブルワリー 醸造場

酒税の計算にかかる作業時間の大幅な短縮を実現

— 実際にflamを導入されてどのような効果がありましたか。

福澤: オンラインなのにサクサク動くので、ストレスなく使えてありがたいですね。先ほどの酒税の申告に関しては、これまでは新商品が出ると、Excelの複数のフォームへの登録を行い、合計を算出していました。flamを導入してからは、新商品も商品設定をきちんとしておけば、データを出力してフィルターをかけるだけで必要な数字が手に入るので便利です。
酒税の計算はExcelベースの作業では2時間から3時間程度かかっていましたが、flamの導入後は30分もあれば十分にできるので、大幅に作業時間を短縮できました。

それから、「会計データダウンロード」のボタンを押すだけでダウンロードできて、「Money Forwardクラウド会計」で使えることも便利ですね。

松本ブルワリータップルーム 本町店

多機能で低コストだから、小規模な会社でも導入しやすい

— 最後に、flamを導入された感想をお聞かせください。

福澤: (酒税の計算に活用できるだけではなく、)flamは売上の管理の部分も含めて、多機能で低コストなので、私どものような小さい会社には非常にありがたいシステムだと感じています。