導入事例 06

株式会社ビクトワール

コスト削減から顧客満足度アップまで一気に実現。
社長のフットワークまで身軽に。

株式会社ビクトワール 代表取締役 山本秀人 様

株式会社ビクトワール 代表取締役 山本秀人

企業紹介

香川県を拠点にアイスクリーム等の冷凍食品やチルド食品の配送を主な業務として展開する株式会社ビクトワール様。温度管理の必要な食品の低温輸送、また大手運送会社の中継デポ作業も行っている食品総合物流企業です。

クライアントサーバー型からクラウド型への移行

弊社はクライアントサーバー型のシステムを長年利用していましたが、機器の老朽化とシステムに対応するOSの限界時期を迎え、新システムへの移行が急務となっておりました。そこで数社に提案をお願いした所、提案されたのは現行同様のクライアントサーバー型のシステム。
新システムを選定する上で重視していたのは、事業所間でのデータ共有、コスト、機能面でしたが、提案内容では物足りなさを感じ、雑誌やネットでよく目にするクラウド型のサービスではどうだろう?と、検討を開始しました。

初期投資と維持費用の軽減、配送業務と販売管理の連携など難問は山積

配送業のシステムでは「配送管理と販売管理の連携」と言う大きな難問がありますが、そこは是が非にも解決しなければ意味がありません。多くの候補の中から、プレゼンテーションとトライアルを体験した上で、弊社が望むシステムになり得ると確信したのは「flam」でした。
コスト面では、初期投資としてハードウェア・ソフトウェア購入の必要が一切無い事。今までに比べ、維持費用は驚く程低額だった事。心配していた機能面では、弊社が望む機能は全て実現出来る事。今後のビジネス状況に応じてフレキシブルにカスタマイズが可能な事。等が選定のポイントとなりました。

AWS(Amazon Web Services)で構築されていることも決め手に

flamがどのような環境で成り立っているか教えて頂いたことも大きな決め手の一つとなりました。「サーバ(Amazon EC2)は常に複数台稼働しており、異常を検知すると自動的に切り離し正常なサーバを新しく起動させます。また、重い処理を検知した場合は自動でサーバを増量させます」というお話は大きな驚きでした。社内に設置していたサーバでは考えられない環境です。
また「データベース(Amazon RDS)も常に異なる箇所のサーバが同時に動作しており、片方の異常を検知した場合にもう片方に自動で切り替えます」というお話に大変な安心感を感じました。
クラウドは単純に社内のサーバがインターネットで使用できるようになっただけと考えていたのですが、想像とまったく違っておりました。業務を停止しないための施策が想像を超えて充実しており、flam及びAWSに絶大な信頼を寄せるようになった次第です。

最小のコストで最大の効果に満足

弊社の業務上、配送業務と販売管理を連携させる為にカスタマイズは必須条件でしたので、カスタマイズに伴う追加費用は発生しましたが、配送業務をシステム化した事により、コスト削減、業務の効率化・標準化、環境負荷低減、さらに顧客満足度の向上が実現しました。また、クラウドのメリットを十分に活用し、各事業所間の情報を有機的に結び、社内営業情報の共有もスピーディかつシンプルに行える様になりました。そして何より外出先からの入力が可能になったことで、私自身のフットワークが軽くなった事が最大の喜びです。今回のソリューションは、弊社の要望を最大限尊重するようご尽力頂いたおかげで末永く利用できると考えております。
導入後もメンテナンスやサポートをスピーディーかつ細やかに対応してもらって大変満足しております。