【クラウド型販売管理システムflam(フラム)アップデートのお知らせ】

今回のアップデートでは、伝票日付の誤入力を防止する機能を追加しました! とんでもない日付を入力しようとするとアラートがポップアップされ注意を促します。 もちろん、アラートの条件も任意で設定可能です。

■機能アップサービスの内容
伝票日付を変更した際、システム設定で登録した日数を超える日付を入力した場合には注意を促すメッセージを表示します。

■変更される内容
システム設定画面にて、「最大許可日数(過去日付)」「最大許可日数(未来日付)」を登録します。

■改善された現象
伝票日付の誤入力を軽減します。

■設定例
最大許可日数(過去日付):60日 例)2013年4月8日に売上伝票の日付が「2013/02/06より過去日付」に変更された場合、次のメッセージを表示します。 →「入力された日付は30日以上前の日付です。変更してもよろしいですか?」 伝票日付の誤入力を軽減できます。

flamをご利用頂いております企業様に於きましては、貴社運用に合わせた設定でご活用くださいませ。